太陽グループ 運転免許センター 免許センターの学科・技能試験を受験される方を協力にサポート!【ご予約・お問い合わせは】048-543-3500 【高齢者講習・企業研修専用ダイヤル】048-577-7800

太陽グループ 運転免許センター 免許センターの学科・技能試験を受験される方を協力にサポート!【ご予約・お問い合わせは】048-543-3500

太陽グループ 運転教育センタートップ > 教習案内 > 試験場試験

教習案内

教習案内
車種紹介
教習内容
特定教習
試験場試験
指導員紹介

試験場試験

一発試験について

円グラフ:不合格の主な理由は?

通常、教習所に通い指定時間教習を受け、検定に合格して、試験場の学科試験を合格すれば免許がもらえますが、直接、免許センター試験場で受験して合格すれば誰でも免許を取得することができます。
試験場の試験は採点が厳しく難関と言われていますが、不合格のほとんどの人は、練習や法規の勉強をせずに試験を受けていたり、「何回か行けばそのうち受かる」と思う人たちです。
それでは合格はできませんし、時間の無駄になります。
しっかりとした法規走行、安全意識をもって、円滑かつ機敏に運転できて始めて合格できるのです。

合格する法規走行

課題走行も大事ですが、試験者のほとんどが法規走行にて不合格になっています。
試験は減点方式なので、法規走行での累積点が超過した時点で終わってしまいます。
受験の手引きをよく読むと、法規を正しく守って運転する能力・運転装置を正しく操作する能力・安全意識をもって円滑・機敏に走行する能力となっています。
法規を正しく理解しているか?装置を正しく操作できるのか?安全意識をもって、円滑機敏に運転できるか?
ここの部分が不足している人が不合格になります。ということは、そこを徹底的に練習すれば合格してしまいます。

合格のポイント

安全確認方法や進路変更手順だけでは合格には不十分です。まずしっかりコースを覚えなければなりません。
その上で、合図の時期、寄せ終わる場所などを確認します。
各免種、それぞれの一発中止ポイントや累積による減点超過を防ぐ走り方を徹底教習、これは試験場を熟知していなければできないことです。
運転教育センターの合格率がずば抜けて良いのは、試験場を知り尽くした指導員の教習を、受験前に受けて、試験当日の朝(AM7:00~)に再度教習できるからです。
(他県試験場データあり、対応できます)

大型一種免許・中型一種(路上のみ)

大型一種免許

新しい課題「あい路・路端における停止および発進」、路上試験の場内課題「後方間隔」など、以前の試験より課題が増えて難易度があがっています。
事前にこれらの教習を試験車両と同車両で教習、的確に確実に合格への近道になります。

  • 大型一種免許
  • 大型一種免許

大型・普通二種免許

大型・普通二種試験

二種免許試験はしっかりとした「車両感覚」、「乗客を意識した運転操作」、「先を予測した状況判断」を行いながら、円滑、機敏に走行しなければなりません。

  • 大型・普通二種試験
  • 大型・普通二種試験

教習案内
車種紹介
教習内容
特定教習
試験場試験
指導員紹介
  • お客様の声
  • 車種紹介
  • 試験場試験
  • 失効・取り消し
  • 二輪一発専門校
  • ペーパードライバー
  • 企業研修
  • 高齢者研修
  • 特定教習

Page top